Baby's Request

アクセスカウンタ

zoom RSS Oasis 『Stop The Clocks EP』

<<   作成日時 : 2006/11/21 18:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

ベストアルバム『Stop The Clocks』に合わせていくつかのアイテムがリリースされましたが、その中のひとつ。

Oasis 『Stop The Clocks EP』
 1) Oasis 『Stop The Clocks EP』 \1,190 @DISK UNION


僕が買ったのは UK盤ですが、国内盤もリリースされています。

収録曲は2曲の既発曲(「Acquiesce」「The Masterplan」)と、「Cigarettes And Alcohol」のデモ、「Some Might Say」のライブ(日本での収録らしいです)の4曲。

Track List:
1. Acquiesce
2. Cigarettes And Alcohol (Demo)
3. Some Might Say (Live In '95, Venue Unknown)
4. The Masterplan

Oasis のシングルでは珍しくプラケースではなくて紙製のジャケットにCDが入っている仕様。
またこれも珍しいことに内ジャケに似たデザインのシールが封入されています。

ジャケットを開くと Oasis の歴代メンバーがコラージュされています。
クビになったかわいそうな Tony McCarroll もしっかり映ってます(^^
Oasis 『Stop The Clocks EP』



今回紹介した EP のほかにベスト盤に合わせて日本国内独自企画でリリースされたものはシングルボックスとオリジナルアルバムの紙ジャケット仕様盤。

シングルボックスは英国発売の22枚にオーストラリアでのみ発売の『Morning Glory』『Champagne Supernova 』と日本限定の『Don't Go Away』を加えた25枚組。
英国発売のシングルも日本限定の『Don't Go Away』も全部揃っているし、オーストラリア限定の2枚も全て既発音源なのでボックスはパスしましたが、問題なのが紙ジャケ。

Oasis はもろに CD世代 のバンドなので紙ジャケにする必要があるのかなぁ、とは思いましたが、もしかしたら今回の紙ジャケット版『Morning Glory』にはアナログオンリーの「BoneHead's Bank Holiday」が初CD化されるかと期待をしていました。

ということで、淡い期待を抱えてお店で確認してみましたが、通常盤のCDと同じ収録曲でした。
裏ジャケはアナログの1、2、3、4面という表記まで再現してるに、肝心の収録曲が違うだなんて残念です。

でも今月は散財してるので買う理由がなくなって良かったかなぁ(^^


関連記事
Oasis 『Stop The Clocks』


Oasis Discography
オアシス ディスコグラフィー
 
(ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします)

 ・Stop The Clocks (輸入盤)

  『Stop The Clocks』 Open Amazon.co.jpStop The Clocks』 (2006年)

  『Stop The Clocks [EP]』 Open Amazon.co.jpStop The Clocks [EP]』 (2006年)


 ・Stop The Clocks (国内盤)

  『ストップ・ザ・クロックス(初回生産限定盤)(DVD付)』 Open Amazon.co.jpストップ・ザ・クロックス(初回生産限定盤)(DVD付)』 (2006年)

  『ストップ・ザ・クロックス』 Open Amazon.co.jpストップ・ザ・クロックス』 (2006年)

  『アクイース/ザ・マスタープラン-ストップ・ザ・クロックスEP』 Open Amazon.co.jpアクイース/ザ・マスタープラン-ストップ・ザ・クロックスEP』 (2006年)


 ・オリジナルアルバム 紙ジャケット仕様 (国内盤)

  『ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース(紙ジャケット仕様)』 Open Amazon.co.jpドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース(紙ジャケット仕様)』 (オリジナル発売日 2005年)

  『ヒーザン・ケミストリー(紙ジャケット仕様)』 Open Amazon.co.jpヒーザン・ケミストリー(紙ジャケット仕様)』 (オリジナル発売日 2002年)

  『スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ(紙ジャケット仕様)』 Open Amazon.co.jpスタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ(紙ジャケット仕様)』 (オリジナル発売日 2000年)

  『ビィ・ヒア・ナウ(紙ジャケット仕様)』 Open Amazon.co.jpビィ・ヒア・ナウ(紙ジャケット仕様)』 (オリジナル発売日 1997年)

  『モーニング・グローリー(紙ジャケット仕様)』 Open Amazon.co.jpモーニング・グローリー(紙ジャケット仕様)』 (オリジナル発売日 1995年)

  『オアシス(紙ジャケット仕様)』 Open Amazon.co.jpオアシス(紙ジャケット仕様) 』 (オリジナル発売日 1994年)


 ・シングルボックス (国内盤)

  『オアシス・コンプリート・シングル・コレクション ’94-’05』 Open Amazon.co.jpオアシス・コンプリート・シングル・コレクション ’94-’05』 (2006年)


 ・ライブアルバム (国内盤)

  『ファミリアー・トゥ・ミリオンズ』 Open Amazon.co.jpファミリアー・トゥ・ミリオンズ』 (2000年)


 ・編集アルバム (国内盤)

  『ザ・マスタープラン』 Open Amazon.co.jpザ・マスタープラン』 (1998年)
  (デビュー時からアルバム『Be Here Now』までにリリースされたシングルのカップリング集)


 ・シングル (輸入盤)

  『Let There Be Love』 Open Amazon.co.jpLet There Be Love』 (2005年)

  『The Importance Of Being Idle』 Open Amazon.co.jpThe Importance Of Being Idle』 (2005年)

  『Lyla』 Open Amazon.co.jpLyla』 (2005年)

  『Songbird』 Open Amazon.co.jpSongbird』 (2003年)

  『Little By Little / She Is Love』 Open Amazon.co.jpLittle By Little / She Is Love』 (2002年)

  『Stop Crying Your Heart Out』 Open Amazon.co.jpStop Crying Your Heart Out』 (2002年)

  『The Hindu Times』 Open Amazon.co.jpThe Hindu Times』 (2002年)

  『Sunday Morning Call』 Open Amazon.co.jpSunday Morning Call』 (2000年)

  『Who Feels Love』 Open Amazon.co.jpWho Feels Love』 (2000年)

  『Go Let It Out』 Open Amazon.co.jpGo Let It Out』 (2000年)

  『All Around the World』 Open Amazon.co.jpAll Around the World』 (1998年)

  『Stand By Me』 Open Amazon.co.jpStand By Me』 (1997年)

  『D'You Know What I Mean』 Open Amazon.co.jpD'You Know What I Mean』 (1997年)

  『Don't Look Back In Anger』 Open Amazon.co.jpDon't Look Back In Anger』 (1996年)

  『Wonderwall』 Open Amazon.co.jpWonderwall』 (1995年)

  『Roll With It』 Open Amazon.co.jpRoll With It』 (1995年)

  『Some Might Say』 Open Amazon.co.jpSome Might Say』 (1995年)

  『Whatever』 Open Amazon.co.jpWhatever』 (1994年)

  『Cigarettes & Alcohol 』 Open Amazon.co.jpCigarettes & Alcohol 』 (1994年)

  『Live Forever』 Open Amazon.co.jpLive Forever』 (1994年)

  『Shakermaker』 Open Amazon.co.jpShakermaker』 (1994年)

  『Supersonic』 Open Amazon.co.jpSupersonic』 (1994年)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
BoneHead's Bank Holiday
コレ聴いた事ないんですよ〜
是非CD化してほしいな。

シングルのボックスコレクション
これもねぇ〜大体のものは持って
いるので、買わないかな〜
初期の頃の曲は本当に大好き
です〜もちろん今も好きです
けれどね^^;
ミニドラ
2006/11/23 15:02
ミニドラさん、こんばんは。

「BoneHead's Bank Holiday」CD化してほしいですよね〜。
でも、すごい名曲ってわけではないですよ。聞くとちょっと力が抜けるかも(^^

>初期の頃の曲は本当に大好きです
僕も初期の曲には思い入れがたっぷりありますね〜。自分でOasisのベストをつくるとファーストとセカンドでほとんど埋まってしまうぐらい。
もちろん、僕も今のOasisも好きですけども(^^
フクライフ
URL
2006/11/23 20:45
TB有難うございました。

UK盤はステッカー付いてるので良いですね。
紙ジャケアルバムは収録曲を気にしなければ、
作りが頑張ってると思いますよ。
おっさn
URL
2006/12/13 23:15
おっさnさん、こんにちは。

コメントありがとうございます!

>紙ジャケアルバムは収録曲を気にしなければ、作りが頑張ってると思いますよ。

なるほど。つくりは良いんですね〜。
ちょっとはほしいなぁとは思うんですけど、1枚買ってしまうと全部集めたくなりそうなのが恐くて手がだせないでいます(^^

それにしてもこんなにまとめてリリースしなくてもと思いますよね〜(笑)

ではでは。
フクライフ
URL
2006/12/14 16:40
私の方にコメント頂き有難うございました。

>こんなにまとめてリリースしなくても

ソニーが契約切れるので、最後の荒稼ぎって
感じだと思いますが、ファンにはキツイですよね(笑)。
おっさn
URL
2006/12/19 00:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Oasis 『Stop The Clocks EP』 Baby's Request/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる