Baby's Request

アクセスカウンタ

zoom RSS The Lilac Time のリマスター盤

<<   作成日時 : 2006/09/22 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Lilac Time のフォンタナ時代の初期3作品がリマスターされてリリースされました。
(2006年5月頃にリリースされていたみたいです)

Lilac Time はイギリスのバンドでネオアコのバンドとして紹介されることもありますが、Aztec Camera や Orange Juice と比べてしまうと、ネオアコっていう紹介では誤解を生むかなと思います。
(ネオアコというジャンルの定義自体が曖昧なものではあるのだけれど)

もちろんネオアコっぽい曲やポップな曲もありますけどもフォークロック調の曲も多いですし、よりメランコリックな印象を受ける曲が多いです。

僕が感じる Lilac Time の魅力は Stephen Duffy の作るイギリス人らしいメロディであり、アコースティック楽器を基調としたシンプルなサウンドってことになるかな。

そういえば Belle & Sebastian がデビューした頃に、Lilac Time みたいだと形容されたこともありましたね。


さてそれでは簡単にリマスター盤の紹介です。

3枚ともジャケットがモノクロームのものに変更され(ファースト以外は大幅に変更されています)、ボーナストラックも大量に追加。


写真は3枚とも左がオリジナル、右が今回のリマスター盤のジャケットです。

The Lilac Time 『The Lilac Time』
 1) The Lilac Time 『The Lilac Time』 \2,043 @Amazon.co.jp


1987年にリリースされたファースト・アルバム。

僕が Lilac Time を知ったのは Creation 在籍時の『Astronauts』からなので、このアルバムはもちろん後追いなのですが、あまりの地味さににとっつきにくく感じ最初はあまり聴きませんでした。

僕はシングルカットされた「Return To Yesterday」「You've Got To Love」「Together」などの比較的ポップな曲から段々アルバム単位で聴くようになってきました。

Lilac Time のなかではもっともフォーク色が強いアルバムです。

ボーナストラックはリミックス(11)、シングルのB面(12〜14)、BBCでのライブ(15〜19)の計9曲。

11. Black Velvet (Remix)
12. Reunion Ball
13. Gone For A Burton
14. Streetcorner
15. King And Queen Of The Carioca
16. Take Time
17. Hargeesha
18. Return To Yesterday
19. You've Got To Love


The Lilac Time 『Paradise Circus』
 2) The Lilac Time 『Paradise Circus』 \2,043 @Amazon.co.jp


セカンドアルバムの『Paradise Circus』は1989年リリース。

オープニングの「American Eyes」に代表されるようにポップな印象を受ける曲が多く、個人的には Lilac Time のアルバムのなかではもっとも好きなアルバム。

「If The Star Shine Tonight」「Girl Who Waves at Trains」「Rollercoaster Song」とか良い曲多いです。

Stephen Duffy の実兄の Nick Duffy による寂れた移動サーカスででもかかってそうなトラッド調?のタイトル曲も耳に残ります。

リマスター盤での注目は大量14曲のボーナストラック。

14. World In Her Arms
15. Queen Of Heartless
16. Ponderosa Pine
17. Night Mail / Dirty Armour
18. Shepherd's Plaid
19. Ounce Of Nails
20. Spin Cavalu
21. Australian Worm
22. On Milkwood Road
23. Night Soil
24. Rubovia
25. Silver Dagger
26. November
27. Paradise Circus (Old Smithy Version)

14、15はシングルのB面で、残る12曲がお蔵入りになった2枚組みアルバム用のものとのこと。

このアルバムは歌モノと Nick Duffy が中心となって作ったインストモノの2枚組でリリースしたいという希望がバンド側にはあったようで、そのためにアウトテイクがたくさんあるようです。

結局のところフォンタナから2枚組案は却下されたようですが、そのボツにされた12曲を聴いてみると「悪くはないけどなぁ」というのが正直な感想。
ちょっと2枚組みのボリュームで出されるのはキツイかなと。

まぁ、CD時代のいまならば今回のような形でリリースするのはありかとは思います。


The Lilac Time 『And Love for All 』
 3) The Lilac Time 『And Love for All』 \2,043 @Amazon.co.jp


プロデューサーに XTC の Andy Partridge と John Leckie を迎えたサードアルバム。
1990年の作品。

Lilac Time のなかでは、次作の『Astronauts』と並んでポップな部類に入る作品といってもいいと思います。

特に Partridge プロデュースの曲ではサウンド面(ドラムの音色やキーボードの使い方など)での変化が顕著です。
タイトル曲での印象的なコーラスも Partridge のプロデュースの賜物だと思います。

ボーナストラックはシングルのB面(15-18)、BBCでのライブ(19-22)の計8曲。

15. Julie Written On The Fence
16. Only Passing Through
17. Bed Of Roses
18. Cover
19. Fields
20. Paper Boat
21. All For Love And Love For All
22. And On We Go


書き忘れていましたが、 ブックレットには Stephen Duffy による書き下ろしの解説が載っています。



The Lilac Time ライラック・タイム 関連作品  
(ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします)

 ・輸入盤 (リマスター盤)

  『The Lilac Time [Original recording remastered]』 Open Amazon.co.jpThe Lilac Time [Original recording remastered]』 (2006年)

  『Paradise Circus [Original recording remastered]』 Open Amazon.co.jpParadise Circus [Original recording remastered]』 (2006年)

  『And Love for All [Original recording remastered]』 Open Amazon.co.jpAnd Love for All [Original recording remastered]』 (2006年)


 ・輸入盤

  『Keep Going』 Open Amazon.co.jpKeep Going』 Stephen Duffy & The Lilac Time (2004年)

  『Lilac6』 Open Amazon.co.jpLilac6』 The Lilac Time (2001年)

  『Compendium: The Fontana Trinity』 Open Amazon.co.jpCompendium: The Fontana Trinity』 The Lilac Time (2001年)
  (フォンタナ時代のベスト盤)

  『Looking For A Day In The Night』 Open Amazon.co.jpLooking For A Day In The Night』 The Lilac Time (1999年)

  『Astronauts』 Open Amazon.co.jpAstronauts』 The Lilac Time (1998年)


 ・国内盤

  『キープ・ゴーイング』 Open Amazon.co.jpキープ・ゴーイング』 スティーヴン・ダフィ & ライラック・タイム (2004年)

  『ライラック・シックス』 Open Amazon.co.jpライラック・シックス』 ライラック・タイム (2001年)

  『コンペンディアム -ザ・フォンタナ・トリニティ -』 Open Amazon.co.jpコンペンディアム -ザ・フォンタナ・トリニティ -』 ライラック・タイム (2001年)
  (フォンタナ時代のベスト盤)

  『ルッキング・フォー・ア・デイ・イン・ザ・ナイト』 Open Amazon.co.jpルッキング・フォー・ア・デイ・イン・ザ・ナイト』 ライラック・タイム (1999年)

  『アストロノーツ』 Open Amazon.co.jpアストロノーツ』 ライラック・タイム (1991年)
  (ボーナストラック入りの1998年リリースの再発盤)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
The Lilac Time のリマスター盤  Baby's Request/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる