Baby's Request

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽著作権の利益はどこへ

<<   作成日時 : 2005/08/24 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

音楽配信メモで興味深い記事を見つけました。

「テレビとタイアップと音楽著作権と」というタイトルで作曲家の穂口雄右さんの「テレビが独占する音楽著作権利益の実態」という記事にふれているんだけども、読んでいてなんだかやりきれない気持ちになりました。
著作権ビジネスの暗部というか、はっきりいってしまえば腐っている部分ですよね。
本来、著作権料が支払われるべき作曲家にお金がほとんど行かずに中間業者ばかりにお金が流れてしまっている実態の一つだと思います。タイアップしてもらわなければ曲が売れないからモチツモタレツだよという声もあるようですけども。
僕らはCDを買うとき、レンタルCDを借りるとき、iTMSで音楽をダウンロードするときに好きなアーティストや作曲家に支払われるべき著作権料が払われていると思ってお金を払っているわけです。
著作権料という名のもとにレコード会社テレビ局だけが不当な利益(違法ではないですけども)を得ているということには納得できません
テレビ局は曲を使用してもほとんど財布が傷まないのに、小さなジャズ喫茶ダンス教室は規模・利益に比べれば莫大な著作権使用料を支払わなければならない。
もちろん音楽を僕らが手に入れる為にレコード会社テレビ局が果たす役割は決して小さなものではないですけども。

穂口雄右さんは優れた作曲家であると同時にJASRACの評議員でもあるわけで、音楽配信メモさんも書かれていましたがこの発言は意義深いものだと思います。

4839917302アマゾる―オンラインショップAmazonをとことん限界まで使いこなすこと
津田 大介

だれが「音楽」を殺すのか? ググる―検索エンジンGoogleを使ってネット上の情報を検索すること Jポップとは何か―巨大化する音楽産業

by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
音楽著作権の利益はどこへ Baby's Request/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる