Baby's Request

アクセスカウンタ

zoom RSS 坂本九 『SUKIYAKI (上を向いて歩こう)』

<<   作成日時 : 2005/08/15 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
世界で一番有名な日本語の曲と言えばやはりこの曲になるのではないでしょうか。
海外のマーケットプレイスnetsoundsmusic.comMusic StackでもKyu Sakamoto「SUKIYAKI」の海外盤はよく出品されています。

今回、この曲をとりあげたのは先日NHKで「上を向いて歩こうヒット秘話」という番組が放送されていたからなんですが(BSの再放送らしいです)、なかなか興味深くついつい見入ってしまいました。
番組は坂本九の娘さんの舞坂ゆき子さんという方がナビゲートしてイギリスアメリカでどうして「SUKIYAKI」がヒットしたのかを、「SUKIYAKI」に携わった様々な方にエピソードを聞いて探っていくという内容でした。
なかでも「SUKIYAKI」というタイトルをつけたのがPetula Clarkだったというエピソードは驚きでした。Petula Clarkといえば「DOWN TOWN」をはじめ多くのヒット曲を持つシンガーで英国出身ですが世界中でヒットを持つ人です。そんな人も「SUKIYAKI」に関わっていたというのは感慨深いものがあります。

僕が持っているレコードはU.K.盤『SUKIYAKI』です(写真)。レーベルはHis Masters Voiceの犬の絵が書いてあるもので、B面はコミカルな「Anoko No Namae Wa Nantenkana(あの娘の名前はなんてかな)」が収録されています。TAXコード(1960年代半ばぐらいまでのイギリスのレコードに刻印されている税金の種別を表すコードです)は左右にMT、下にKが刻印されているので1963年から1965年頃にリリースされたものだと思います。

これを書いていたらこんな記事↓も発見しました。スタンダードのなかの一曲として認識されているということなんでしょうね。
イギリスではシングルと同時にベスト盤(イギリス盤です。Amazonで買えます)も出るようです。収録曲は去年リリースされた国内盤のメモリアル・ベストと同じようです。

英国では「SUKIYAKI」が今年6月から現地の携帯ネットワーク会社「スリー・モバイル」のテレビCM曲に起用されていた。放送開始1週間で問い合わせが同社に殺到したため、英EMIが発売を決めた。日本の旧譜音源がシングルCD化されるのは極めて異例だ。
(スポニチ 8/15)

この記事だけを見るとイギリス「SUKIYAKI」が発売されるのは今回がはじめてのようにも受け取れるかもしれませんが、前述のようにイギリスでもシングル発売されています。アメリカほどではないですがトップ10ヒットにはなっているはず(だと思います...未確認です)。

「SUKIYAKI (上を向いて歩こう)」が収録されているオリジナル・アルバムは九ちゃんとパラキンになります。

B0007IO03I九ちゃんとパラキン(3)
坂本九


by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
坂本九 『SUKIYAKI (上を向いて歩こう)』 Baby's Request/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる