Baby's Request

アクセスカウンタ

zoom RSS CCCD(コピー・コントロールCD)のどこが悪い?

<<   作成日時 : 2005/08/11 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

Paul McCartneyの新作がCCCD(セキュアCD)でリリースされるということでCCCDについて書いてみようと思います。
(McCartneyは前作のライブ盤から国内盤と輸入盤の一部がCCCD)

大前提として僕はCCCDが大嫌いです。
ってことで、どこが嫌いかってとこを挙げてみます。

@ まず再生保障がないところ
 お金を払って買ったCD(正確にはCCCDはCDではない)が自分の家の再生機器で再生できない可能性がある。これはふざけてますよねー。「再生できないかもしれないけど返品はできません」なんてことが注意書きに書いてありますがこの文句を考えた人は物を売っている人間として失格だと思います。

A 実はパソコンにとりこめるところ(笑)
 まぁほとんどのCCCDと呼ばれるものが僕の家のパソコンでは取り込めるんだけども。 (普通のソフトで普通に取り込めます。取り込めるか否かはCDドライブへの依存が大きいらしいですね)
 取り込めたら取り込めたでなんでこんな簡単に取り込めるのにドライブにばっか負荷をかける不良品をリリースするんだということで腹が立つわけですね。

B リリースした会社等の態度が気に入らない 
 まるですべての消費者を違法コピーの犯罪者のように扱っているところが腹立たしいです。著作権者の権利ばかりを主張して消費者(ユーザ)の利便性をないがしろにしすぎていると思います。Avexの前会長(社長だっけ?)などは明らかに音楽なんて聴いた事なさそうな人だったしね。
 もちろん著作権者に必要なお金が行き渡るようにするのは大切なことです。いまのJASRACのやり方には非常に憤りを感じる部分が多いけどね。

音が良くないってのは実は僕はそんなに気になりません。
ただ、少なくともCCCDが音質というものをたとえほんの少しでも犠牲にしていることは事実です。良質な音楽を届けることが仕事のレコード会社がこんなモノを販売することに少しの抵抗も感じていないようにみえるのが残念でなりません。また日本ではソニー東芝など系列にハード会社を持つレコード会社は少なくありません。東芝がリリースしたCDが東芝のプレイヤーで再生保障がないなんて笑い話としか思えませんよね。

レコードが出来るまで人が音楽を聴こうとする場合、生演奏を聴きにいくしか方法がありませんでした。レコードが誕生してはじめて家に居ながらにして好きな音楽を好きな時間に楽しめるようになったわけです。レコードSP、EP・LPと進化してさらにはCDの時代になり、ウォークマンも誕生して外で音楽を聴けるようにもなりました。オーディオ機器というものは人々の要求にあわせて日々進化を遂げてきているのです。CCCDははじめてその進化に待ったをかけたものでした。オーディオの進化に法律やらレコード会社がついていけなかった結果がこのCCCDだと思っています。

ただでさえ日本のレコード会社は再販制度(これのおかげでCDは自由に割引ができなかったり、帯だけかえて再発なんてめんどくさいことをレコード会社がやったりしてるわけです。本来の目的はレコード会社の保護ではなく文化の保護)で護られているのにね。こんなことしてるレコード会社では期待できないかなー。

4798107034だれが「音楽」を殺すのか?
津田 大介

音楽未来形―デジタル時代の音楽文化のゆくえ Free Culture Jポップとは何か―巨大化する音楽産業 著作権の法と経済学 音楽業界ウラわざ

by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Paul McCartneyのニューアルバムはセキュアCDで発売(T_T)
Paul McCartneyのニューアルバム『Chaos And Creation In The Backyard』の情報を検索していてCDジャーナルのサイトを見ていたところ8月9日のニュースに国内盤の詳細がでていました。 「国内盤はどうせCCCDなら買わないよー」と思っていたところよくよく見るとなにやらセキュアCDで発売と書いてあります。 ...続きを見る
Baby's Request
2005/08/11 19:38
Gimme Some Truth
今年、生誕65年、没後25年を迎えるジョン・レノンの関連作品が続々発売されるようです...と、これだけ聞けば「ええ話やんかぁ」って感じなんですが、またまた東芝EMIさんがやってくれてます。 ...続きを見る
Beat Odyssey Journal
2005/09/10 15:05
デジタルダビング
合法的にDL音楽がコピー可能に ...続きを見る
くちこみ評判良品
2006/04/28 07:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、僕もCCCDは
あまり得策だとは思えません・・
消費者のことを考えれば
もっとほかにも方法はあるんじゃないかな〜
って感じますね^^;
とてもじゃないですがお客様を信用しています
っていうふうにはならないですよね
ヤスパー
2005/08/12 11:58
ヤスパーさん、こんにちは。はじめまして。
ヤスパーさんのブログも拝見させていただきました。特命係長笑わしていただきましたよー(笑)。
>消費者のことを考えれば
もっとほかにも方法はあるんじゃないかな〜
そうですよねー。もっと消費者のために真剣にとりくんでもらいたいですよね。

また、よろしくお願いいたします。
フクライフ
2005/08/12 13:09
こんばんわ〜。
iPodが重要なポジションとなっている身からすると、CCCDというだけで購入意欲がなくなってしまいます。音楽ファンとしてはとても残念なんですけども。。こうなってしまうとiTMSに期待してしまうわけですが(^^ゞポールの新作もこういう形だと残念ですよねえ。
同じアルバムをCCCDとCDを同時に発売して比較して欲しいなぁと思います。価格差をつけても優劣は明らかだと思うんですけどね〜(^^ゞ
odiver
2005/08/12 22:53
odiverさん、こんにちは。
>iPodが重要なポジションとなっている身からすると
そうなんですよねー。外で聴けないとなると辛いですよねー。
>同じアルバムをCCCDとCDを同時に発売して比較して欲しいなぁと思います。
そうですねー。選択肢が欲しいですよね。ポールの新作はホンモノのCDの輸入盤があるらしいんでそっちを多分買うと思います。

コメント、どうもでした。
フクライフ
2005/08/14 11:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
CCCD(コピー・コントロールCD)のどこが悪い? Baby's Request/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる