Baby's Request

アクセスカウンタ

zoom RSS Paul McCartney 『McCartney』

<<   作成日時 : 2005/05/06 16:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

このblogのタイトル"Baby's Request"はPaul McCartney率いるWingsの曲名からとりました。

ということで分かる人には僕がMcCartney好きなのはばれていると思いますが、今日からPaul McCartneyのアルバムを1stアルバムから順番に紹介していきたいと思います。

まずは1970年に発表された1stアルバムマッカートニー(国内盤)です。

Paul McCartney 『McCartney』


発売当時は評論家や他のBeatle達に酷評されたようですが、現在の耳できくとそこまで悪いアルバムではないような気がします。
というか愛すべき名盤の1枚と言ってもいいのではないでしょうか。
(写真はフクライフの所有するマッカートニーの英国オリジナル盤(マトリックスは両面3なので厳密にはオリジナルではないのかな)と国内盤のCDです。)

チャートでも英国では2位どまりだっただったようですが、米国ではビルボードで3週連続の1位になっています。
(もちろんBeatles人気があったからという点は否定できないと思いますが、シングルカットがないなかでのこのチャートは立派だと思います。)

このアルバムにはいまでもツアーで絶対といっていいほど演奏される「Maybe I'm Amazed」をはじめMcCartneyのファン以外にも胸を打たれるに違いないナンバーが何曲か収められています。

ほぼ全ての楽器をMcCartneyが担当し(コーラスで奥さんのLinda McCartneyが参加)、アットホームな雰囲気でインストが多い点や、拙いMixなどが批判された要因なのでしょうね。

完成度という点では『Abbey Road』にはかなわないのは事実ですが、そういった尺度からは計れない魅力がこのアルバムにはあります。
いま聞くとPhil Spectorが加工する前の『Get Back』(a.k.a. Let It Be)の音に案外近いのではないかと感じます。

「Teddy Boy」や「Junk」はLet It Beセッションでも演奏されていますしね。

プライベート感覚のアルバムの先駆けといえるものでしょうし、John Lennonの『Plastic Ono Band(ジョンの魂)(国内盤)』が良く当時のLennonの心情を赤裸々(Primal Scream療法による)に告白したアルバムといわれますが、同じようにこの『マッカートニー』も当時のMcCartneyの心境を表しているのではないかなと思います。

二人のパーソナリティの違いがアルバムの手触りの違いを生んだのでしょう。
個人的(内に向いている)という点で共通しているアルバムだと感じます。

また、前述の「Maybe I'm Amazed」の間奏のギターソロや、「Junk」のアコギを聞くとMcCartneyのギター演奏が前面に押し出されているのに気づきます。

全ての楽器を自演しているので当然といえば当然なのですが、様々なしがらみや人間関係で思ったことが出来なくなってきていた、Beatlesへ反動が出ているのではないかと思います。

単純に思ったようなギターソロ入れてーとかドラム叩きてーって思っただけかもしれませんが。

2001年に出されたMcCartneyのベストアルバム『Wingspan(国内盤)』にはこのアルバムから、「The Lovely Linda」「Maybe I'm Amazed」「Every Night」「Junk」「Man We Was Lonely」
の5曲が収録されています。

シングルヒットがないにもかかわらず40曲中5曲も収められているということは、McCartney自身もこのアルバムを気に入ってるではないかと思います。

最後にこのアルバムの手触りがどうしても受け入れられない(笑)と言った人のために、収録曲のなかで後にLive盤に収録されているものを紹介しておきます。

Wings Over America(国内盤)
「Maybe I'm Amazed」を収録

公式海賊盤(Unplugged)(国内盤)
「Every Night」「That Would Be Something」「Junk(Instrumental)」を収録

ライブ(国内盤)
「Maybe I'm Amazed」を収録

ポール・イズ・ライブ(国内盤)
「Every Night」「Maybe I'm Amazed」を収録

以上、『McCartney』の紹介でした。


B00005GKJ0ポール・マッカートニー
ポール・マッカートニー

ラム レッド・ローズ・スピードウェイ ウイングス・ワイルド・ライフ

by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私のブログ「music magic」にトラバいただきまして、ありがとうございます。「マッカートニー」、言われてるほど悪くないですよね。むしろ、僕は好きです。
ビートルズが基本、そのほか良質な音楽、サッカー。取り上げているアーティストを含め、なんか趣味の合う方で、嬉しいです。
これからもよろしく。
epsteino5
2005/06/21 19:36
epsteino5さん、コメントありがとうございます。
>「マッカートニー」、言われてるほど悪くないですよね。
私もそう思います。先入観にとらわれずにいろんな人に聞いて欲しいアルバムですよね。
それとepsteino5さんのブログはデザインが良く、文章も見やすくてとても参考になります。ちょくちょく訪問させていただきます。
こちらこそ今後もよろしくお願いいたします。
フクライフ
2005/06/21 21:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Paul McCartney 『McCartney』 Baby's Request/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる